忍者ブログ

子供の教育費が必要

子供の教育費の必要性は・・・

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

塾の費用がアップして・・・

新年度になって子供たちにいろいろとお金がかかり始めました。
息子が中学3年生になるのですが、高校受験を考えて塾を変わることにしました。
今までの塾でなかなか結果が出ないので、心機一転です。
今度は個人塾を受けることにしました。



息子の性格的なものもあるのですが、彼に合わせた指導をしないと勉強が伸びなくなると判断しました。
後はどの先生がいいのか・・・
いくつかお試し体験を受けさせてもらって、一番しっくりする先生のいる塾に決めました。



本人もその先生の教え方がぴったりくるようで、こんなに分かるのは初めてと言っていました。
しかももう少しやりたいからと、家に帰ってからも自発的に勉強をしていました。
彼がやる気になるのならそれが一番いいですからね。



集団の塾ではなく個人対応の塾ですから、1教科の費用もアップします。
効果のない塾に費用を払い続けるのもばからしいですからいいのですが、たくさんの科目を教えてもらうとけっこうな金額になります。
子供は3人、息子だけにお金をかけるわけにもいかないので、とりあえず数学を重点的に教えてもらって、様子を見て理科を追加することにしました。
英語はかなり分かりますから、自分で頑張ってもらいます。



お金が足りなくなって借り入れをするようなことにならないように、親も頑張って稼がないと行けないですね。
PR

子供の教育費が必要

子どもが成長するにつれてかかる金額が大きくなってくのが教育費です。

子ども手当が減ることとなり、子ども手当に頼る事も出来なくなったのが現状です。

学費とは、学校や塾での学習など、教育を受けるためにかかる費用のことです。

また、授業料や給食費、通塾費、習い事の月謝なども含まれます。

今は、未来の子どもの可能性にかけて複数の習い事(スポーツ含む)をさせている家庭も多くありますが、高校・大学で最もお金がかかると言われています。

また、公立の学校と私立の学校へ進学した場合とは学費はかなり違ってきます。

ですので、お金がかかる高校入学前に教育資金を貯めます。

そのためには保険 見直しをしておく必要がありますね。

保険は一度入ったら終わりではないですから、常に見直しをする必要があります。

学資保険や財形貯蓄、積立預金などです。

また、子どもの大学進学の教育資金が足りないという時には奨学金や教育ローンを利用することもできますが、返済額が多いと返済が大変なのと、親の老後の資金が足りなくならないかと考えておく必要がありますね。

最近では優秀な生徒を確保するため独自の奨学金制度を設けている所もあるそうなので、親子で情報をチェックしながら話し合うことが必要です。

学資ローンなどの融資は金利を低く設定していることが多いです。

アルバイト 借り入れのように、使用目的が不明の融資は金利が高くなっています。

ただし即日審査のようなことはありませんので、必要な書類も多く、手続きに時間がかかります。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
保険見直し
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R